タスク管理①

こんにちは。komanyです。
徐々にコロナ禍も落ち着いてきて、外出をされる方も増えてきました。ユニクロのマスクを買うための長蛇の列のニュースや佐賀県のSSP杯のニュースなどを聞くと「with コロナ」「after コロナ」に向けて動き出しているんだなと思います。

ユニクロ エアリズムマスク 公式オンラインストア

SSP杯 LIVE配信/佐賀県

僕が代表を務める株式会社サニムも今日、明日と2回目のミニイベントを開催しています。普段ならイベントの発注をいただいて使用する機材が倉庫で遊んでいるので、それなら自社で使おう!というだけの思いつきイベントです。

株式会社サニム ミニイベント

イベント業界としては「with コロナ」「after コロナ」においていかれている感が若干ありますが、取り残されないようにしたいと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、タイトルのタスク管理について、社内Mtg等でもちょっと気になったので、まとめておこうと思います。
タスク管理、TO DO管理って習慣化と並んで昔から良くライフハックや効率化、「できる社員」的な話で出てくるカテゴリーです。僕も散々その手の本や記事を読みましたが、そのほとんどが身につかなかったです。

悪いものではなかったと思うのですが、なぜか身につかない。

なぜ出来なかったか?を振り返ってみると
①身につく前にやめてしまった
②ほとんどが自身が使うためにカスタマイズが必要でそれが上手くいかない
③単純に飽きる(続かない)

こんな感じです。
結論としては、自分自身にもっとも合った方法論を作り出さなければ実行は不可能!というところに行きついたんですが、実はそうではなかったということに気づかせてくれた本があります。

小さな習慣 スティーヴン・ガイズ

超・超要約すると何かを習慣化するには
①まず小さな一歩でいいからやってみる
②モチベーションをエネルギーにしない
③その日出来なくても気にしない
以上の3つで続けてみるというのが大事という感じです。
 ※ちゃんと読み込んだ人には異論があるかもですが。。。

これにぴったりのアプリがあります。

Habitify:習慣と目標管理

習慣化というとちょっと敷居が高い気がするので、やることリストの方が個人的には好きなんですが、このアプリだと毎日、毎週○曜日、週に1日とか2日、○日ごとに1回という感じでやることを設定できます。
このアプリのいいところは、スキップ機能があることです。
今日はこのリストはできないな〜とか、やる必要がないな〜ってことはスキップで飛ばすことができます。

僕の場合は、読書とか筋トレとか週3回のゴミ出し(家と会社)、出勤簿をつけるという忘れがちなことをやることに入れて、毎日見ながら行動してます。

もう1つ、それぞれの項目について1週間単位や1ヶ月単位でどれくらい自分が達成したかを確認することができるのもこのアプリのいいところです。

まずは、こんな感じで軽く、ゆるくスタートさせてみるというところが、これまで僕のように続かなかった人に大事じゃないかな?と思います。

では、今日はこのあたりで終わりたいと思います。
次回はタスク管理で使えるもう一つのおすすめアプリを中心に記事を書こうと思います。

子供向けの絵本

〜読書〜英語多読 すべての悩みは量が解決する!

こんにちは。komanyです。
前回の記事で「英語多読」の本を読んでいるという話をしました。読み終えた後に子供向けの英語の絵本から多読を始めることにして、毎日、毎日、英語の絵本を読んでます。が、全然読めるようになりません(笑)

Oford Owl for Home

主にここで子供向けの絵本を探して、毎日1冊読んでます。多読ではノルマ的に「毎日1冊」とか「毎日30分」とか決めるのは良くないそうですが、僕個人としてはある程度決めておく方が気持ち的に満足感を得られるので、毎日1冊がちょうど良い感じです。
不安としては、「効果あるのかな?」ですね。

話せるようにももちろん目標なんですが、まずは映画を字幕なしで見たいですね。字幕の映画って字幕をちゃんと見ないとストーリーが分からなくなるので、画面の前から動けないし、画面を必ず見ておく必要がありますよね。

洗い物をしながら、仕事しながら、スマホを触りながら、映画を見るってのが目標ですね。

ただ、今さら「必死さ」は出したくないので「多読」くらいの気軽さ、楽しさでたどり着けると嬉しいです。

ちなみに今読んでいる本です。

ほぼ「絵」です。(笑)

〜読書〜英語多読 すべての悩みは量が解決する!

こんにちは。komanyです。
前回に続き、なかなか「シン・ニホン」が読み進められません。難解。
面白いんですよ。でも難解。

ということで、気分転換に別の本を読み進めてます。
「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」繁村一義著
この本を読んだからと言って、英語は上達する感じのものではないのですが、英語を上達させるための手法を見直そう!っていう感じの本です。

考え方としてはスピードラーニングに近いかな?と思います。

僕は常々、将来的には今のサラリーマンという形態は無くなってしまい、最低限の暮らしはAIが支え(BIとかの原資はAIが作るっていうイメージ)、裕福というか幸福に生活しようとした際は「遊び」か「アーティスティック」になる必要があると考えています。
僕は今さら、この染み付いたサラリーマン気質を変えられる気はしないのですが、45歳の僕はギリギリその状態になる前に逃げ切る(年金生活)ことができると思っていました。

が、新型コロナウイルス感染症の影響で10年かけて進む時間軸が多分1年くらいに圧縮されている思います。テレワーク導入とかコミュニケーション手段が会話、電話からチャット系アプリになるとか、少なくとも2年くらいかかると思っていましたが、1〜2ヶ月くらいで進みました。

これからも「アフターコロナ」「with コロナ」の時代は信じられないスピードで変化があると思います。

その時、取り残されないために必要なものとして、英語ってのは最低限のアイテムじゃないかと思います。

45歳になって今さら、、、、という部分と英語圏の人と普通に会話するってのを「かっこいい」と感じて育ったので、やってやろう!というネガティブとポジティブの両方が今は同居している感じです。

まぁ、やってみるってのが大事だと思うので、一度やってみて、失敗したら、また別の方法でやろうと思います。

ということで、何が良いのかな?とたどり着いた本です。
今、1/4くらい読んだところなので、読み終わったら、早速始めようと思います。

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

〜読書〜東京改造計画

こんにちは。komanyです。
最近、「シン・ニホン」という安宅和人さんの本をずっと読んでいたんですが(読了前)なかなか僕には難しく、サクサク読み進めることができず苦労していました。

こういう時は複数の本を同時に読み進めて、気分転換をしながら読むとスラスラ読めるし、内容が入ってくる!と「東京改造計画」堀江貴文さんの本を読み始めたところ、読みやすく、面白く、、、、と先に全部読んでしまって、当初の予定を大幅に変更してしまいました。

東京都知事に立候補するのでは?という噂が飛び交っていますが、それを別にしても読んでよかったなと思う本でした。
もちろん、堀江さんに対し、ポジティブな印象を持っている僕だからこその部分はあると思いますが、抜きにしても、「うん、その考え方有り」(上から目線)という部分がとても多いように思います。

若干、話はそれますが、幽遊白書という漫画の中の幻海(主人公の師匠)のセリフに(と言っても、本も手元になく、記憶の中ですが)

人には気分で壊せるものがある、家庭だったり、国だったり、、お前はそれがたまたま人より大きいだけ(みたいなセリフ。多分最終巻)

というのがあったと思います。
乱暴な言い方なんですが、結構僕はこのセリフが好きで、僕なりに言い換えると

人は誰でも影響を与えることができる範囲がある。家庭だったり、会社だったり、学校、クラスだったり、国だったり、、、ポジティブな影響を与えるのも、ネガティブな影響を与えるのも気分次第でできる。

堀江さんは僕より大きな範囲で影響を与えることができ、僕はせいぜい会社が最大値(うちのスタッフ影響受けてくれてるかな??)。

本に書かれている内容、東京都内へ自身の考えで何らかの影響を与えるのは堀江さんに任せて、僕自身は会社内へポジティブな影響を与え、この未曾有の危機を乗り切ることを考えようという気になりました。

東京改造計画 堀江貴文著

多分、賛否両論がある“問題作”だと思いますが、堀江さんの話をポジティブにとらえることができる人にはおすすめです。

家族で遊ぶことが多くなりました。

こんにちは。komanyです。
2月以降、いろんな場所で大変な思いをされている方が急増し、今も大変な思いをされているんだと思います。
僕も佐賀県でイベント会社の代表をしていますので、2月末以降、仕事が急激になくなり、売上は3月、4月、5月の3ヶ月で前年比80%〜94%ダウンです。
イベント業としてはGWは年間で最も売り上げが高く、いわゆる稼ぎどき、かき入れどきなんですが、完全に何もありませんでした。

社会人になって初めてGWを全て休んだと思います。

いいことが1つ。家族で過ごす時間が増え、ゆっくりとした時間を過ごせるようになりました。徐々にいろんなことが、コロナ以前に戻っていくと思いますが、このゆっくりした時間を過ごすということは、できるだけ続けようと思います。

先週の日曜は「石井樋公園」に初めて行ってきました。

自宅から約10分くらいにあり、割と面白そうな場所なんですが、こんな状況にならなければ、多分一度もいくことがなかったと思います。

併設されている「さが水ものがたり館」には行きませんでしたが、こちらも一度行ってみようと思います。