iPad Pro 12.9の作業環境

こんにちは。komanyです。
緊急事態宣言も解除になり、徐々に街に活気が戻るのか?と思いきやまだまだ、予断を許さないということで、なかなか「活気」は戻りません。

そんな中、僕のMacBook Pro13がバッテリーの交換のメッセージが出てきたため、バッテリー交換と以前から気になっていたバタフライキーボードの修理プログラムをお願いすることにしました。

時期が時期だけに、直接ジーニアスバーに持ち込んだりも難しいので、ヤマト運輸さんに引き取りに来てもらう方法で修理に出しました。
その間、僕はiPad Pro12.9のみで仕事を乗り切らないとダメになりましたが、テレワークのおかげで仕事の大半をiPad Proでできるようになったので、そこまで心配はないです。

とはいえ、ちょっと環境はiPad Proよりにしたいなということで、机のレイアウトを変更してみました。

作業環境
以前のレイアウト 基本MacBook Proで作業
変更後 iPad Pro仕様のレイアウト

【機材】
iPad Pro 12.9(第4世代)
・Apple Magic Keyboard(US配列 テンキー無)
・Apple Magic Trackpad2
・Apple Apple Pencil2

モニター:LG24EN43
 ※もう販売してない見たいですね。。

ANKER USB-C to HDMI ケーブル
 ※MacBook Pro→LG24EN43に使っていたもの
https://amzn.to/3g810hK

残念ながら、iPad Proをモニターにつないでもデュアルモニターにはならないので、ミラーリングオンリーです。
設置して数時間、使ってみた感想です。(メリット・デメリット)

【メリット】
・表示が大きくなり、見やすい
・キーボード、トラックパッドでの入力は違和感がない
・手書きメモを取るときがスムーズ
 ※僕の設置方法が既に手書きメモを取る前提の角度で設置したため

【デメリット】
・結局、iPad Pro本体に目がいく
 ※文字変換のときなど、候補が多く出てくる場合、タッチで選ぶ方が早いためiPad Proを見ながら作業の方がはやいことが多い。
・思いつきのレイアウト変更のため、モニター用にUSB-Cがとられ、充電ができない。
・ケーブルがそもそもiPad Proを出力するためのものではないので、明るさが微妙に変化する。

 後半2つは機材の問題なので、お金で解決はできそうです。

思ったよりもデメリットが少ないが、慣れない環境のため、すぐに戻したくなる気持ちがある。。。
もう一つ、この環境だとiPad用のアプリがなく、iPadを横置きしていても、必ず縦表記になるアプリはモニター上でも縦表記になるが、縦横が自動で変更になるため、「使いやすい!」を思いましたが、落とし穴が。。。

トラックパッドのスクロールが縦横逆になります。(左右にスクロール操作すると画面は上下に動く。また逆に左右スクロールさせるためには上下でスクロールさせる必要がある)
結局、上下、左右が入れ替わったトラックパッドで操作するのが難しい。じゃ、トラックパッドの向きを変えれば解決!
なんですが、そこまでする必要性も感じない。。。そんな感じです。

Instagramのアプリを立ち上げたそれぞれの画面

とりあえず、しばらく使ってみてから
もう一度考えてみようと思います。