タスク管理②

こんにちは。komanyです。
前回の投稿からかなりサボってしまいました。徐々に仕事が増えてきて忙しかったと言いたいところですが、半分以上、普通にサボってました。

僕のタスク管理について前回の投稿でも書きましたが、その日にできなくても気にしないというのも大事です。

タスク管理①

僕のブログ投稿は、今のところ仕事にはなっていないのでしばらくスキップすることは問題ないと考えています。大事なのは書くと決めたことを実行することと、無理な時には無理をしないということだと僕は思います。

もちろん、ビジネスなど相手がある場合は期日厳守で実行というのが必須なので、そこはスキップしたりしないです。(説得力無いですね)

さて、前回の記事に書きましたタスク管理で使えるもう1つのアプリの紹介です。アプリ紹介って、自分自身が今使っているアプリを紹介する場合、見せられないものがあるので、なかなか難しいですね。
見せられない部分は削除したり塗りつぶしたりしているので、あまり画像は役に立たないですが、使い方が難しいアプリでは無いのでぜひiPadやiPhoneに入れてみてください。(Macにあるかどうかは調べて無いです)

基本、無料で使っていて問題ないと思いますが、カレンダー表示や登録できる習慣の数に制限があったと思いますので、使ってみて、いいと思ったらサブスク登録するのもいいと思います。(300円/月 2,900円/年 ※確認お願いします)

TickTick

TickTick(ティックティック)

なんだかおじさんだからTikTokを間違えてTickTickって言った!
みたいなアプリです。

List表記
Day(1日)表記
3Day(3日間)表記

このカレンダーはGoogleカレンダーやApple純正カレンダーと同期することができます。
習慣化(毎日)作業は1日の業務量はあまり関係ないと思いますが、タスク管理の中心になるto doは何日の何時に実行できるか?が結構重要だったりします。期日もあれば、その日じゃなければできないものもあると思います。

カレンダーとタスクを同時に見ながら何を実行するのか?を決定できるところがこのアプリの一番優秀なところだと思います。

ポモドーロタイマー

もう1つこのアプリが優秀なところが「ポモドーロタイマー」内臓(連携)というところです。
実行するタスクを決め、ポモドーロタイマーを回すだけでも、そのタスクに自分は一体どれくらいの時間を使ったのかが分かるので、25分間作業を継続しなくても、自分自身の能力が把握できていくと思います。
僕もポモドーロタイマーを回しながら、特に毎週、毎月、定期的に発生するタスクにかかる時間を把握していっています。

タスクの実行時間の設定

最後に、どこかのタイミングでタスクの棚卸をした場合、先述したカレンダーとの連携のおかげでカレンダーを見ながら、タスクを予定の隙間に入れていくことが可能です。(タスクのスケジューリング)さらにリマインダーをかけることも可能です。
今やらなくていいタスクを将来へ移動し、短時間で実行できるタスクは予定と予定の隙間時間にというようなことが可能です。

僕はそんなに(分単位で)忙しくないですが、ギュッと詰め込むことで、以前よりさらに、まとまった自由な時間が作れるようになりました。
忙しい人ならさらに効果は大きいと思います。

あまり役に立つような記事にはならなかったかも、、、ですが、
アプリ自体は非常に良いアプリなので、ぜひ一度使ってみて欲しいです。紹介ができただけでも良かったかなと思います。

タスク管理①

こんにちは。komanyです。
徐々にコロナ禍も落ち着いてきて、外出をされる方も増えてきました。ユニクロのマスクを買うための長蛇の列のニュースや佐賀県のSSP杯のニュースなどを聞くと「with コロナ」「after コロナ」に向けて動き出しているんだなと思います。

ユニクロ エアリズムマスク 公式オンラインストア

SSP杯 LIVE配信/佐賀県

僕が代表を務める株式会社サニムも今日、明日と2回目のミニイベントを開催しています。普段ならイベントの発注をいただいて使用する機材が倉庫で遊んでいるので、それなら自社で使おう!というだけの思いつきイベントです。

株式会社サニム ミニイベント

イベント業界としては「with コロナ」「after コロナ」においていかれている感が若干ありますが、取り残されないようにしたいと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、タイトルのタスク管理について、社内Mtg等でもちょっと気になったので、まとめておこうと思います。
タスク管理、TO DO管理って習慣化と並んで昔から良くライフハックや効率化、「できる社員」的な話で出てくるカテゴリーです。僕も散々その手の本や記事を読みましたが、そのほとんどが身につかなかったです。

悪いものではなかったと思うのですが、なぜか身につかない。

なぜ出来なかったか?を振り返ってみると
①身につく前にやめてしまった
②ほとんどが自身が使うためにカスタマイズが必要でそれが上手くいかない
③単純に飽きる(続かない)

こんな感じです。
結論としては、自分自身にもっとも合った方法論を作り出さなければ実行は不可能!というところに行きついたんですが、実はそうではなかったということに気づかせてくれた本があります。

小さな習慣 スティーヴン・ガイズ

超・超要約すると何かを習慣化するには
①まず小さな一歩でいいからやってみる
②モチベーションをエネルギーにしない
③その日出来なくても気にしない
以上の3つで続けてみるというのが大事という感じです。
 ※ちゃんと読み込んだ人には異論があるかもですが。。。

これにぴったりのアプリがあります。

Habitify:習慣と目標管理

習慣化というとちょっと敷居が高い気がするので、やることリストの方が個人的には好きなんですが、このアプリだと毎日、毎週○曜日、週に1日とか2日、○日ごとに1回という感じでやることを設定できます。
このアプリのいいところは、スキップ機能があることです。
今日はこのリストはできないな〜とか、やる必要がないな〜ってことはスキップで飛ばすことができます。

僕の場合は、読書とか筋トレとか週3回のゴミ出し(家と会社)、出勤簿をつけるという忘れがちなことをやることに入れて、毎日見ながら行動してます。

もう1つ、それぞれの項目について1週間単位や1ヶ月単位でどれくらい自分が達成したかを確認することができるのもこのアプリのいいところです。

まずは、こんな感じで軽く、ゆるくスタートさせてみるというところが、これまで僕のように続かなかった人に大事じゃないかな?と思います。

では、今日はこのあたりで終わりたいと思います。
次回はタスク管理で使えるもう一つのおすすめアプリを中心に記事を書こうと思います。

Monster Park-ディーノ世界 AR-

こんにちは。komanyです。
とりあえず、iPad Pro12.9(第4世代)買ったし、LiDARスキャナついてるし、AR関連アプリを試そう!

と言うことで、事務所で一人、恐竜を出現させて見ました。

Monster Park-ディーノ世界 AR-

想像通り、恐竜の画像(動画)と現実を画面上で合成して遊ぶアプリです。もう少し、LiDARスキャナの性能がどうとか説明をすべきなんでしょうが、iPhone版のアプリだと森ごと合成されるので、事務所で遊んでいるのかどうかすらわかりませんでしたので、比較対象がないため、なんか動画だけアップした感じになりました。。。

Monster Park

JigSpace ARアプリ

こんにちは。komany です。
iPad Pro12.9 2020を購入して、「新型iPad ProはARがすごいぞ」と聞きながら、特に使いどころがなかったんですが、最近JigSpaceというアプリを知り、ARが思っている以上にすごいことに気がつきました。

とは言え、まだまだ発展途上なので、「衝撃」というレベルのアプリが出てくるのはもう少し先かなと思います。

今日はJig Spaceの紹介というよりは、コロナウイルスについてJigSpaceを使って学んでみようというイメージの記事にしたいと思います。

コロナウイルス

コロナウイルスを可視化するとこんなイメージのようです。
COVID-19として認知されていると思いますが、当初はSARS-CoV-2とSARSから変異したコロナウイルスという認識だったようです。

毒性の強いコロナウイルス3種

人が感染するコロナウイルスはいわゆるヒトコロナウイルスが4種、他にSARS、MARS、COVID-19の7種だそうです。
そのうち、毒性の強いものが画像にあるSARS、MARS、COVID-19の3種ということです。

人畜共通感染症

コロナウイルスは「人畜共通感染症」だそうです。
コウモリから感染が始まったとされていますが、確認はされていないそうです。また猫はかかりやすいとか、犬では感染が見つかったなどネットに情報がありますが、審議は不確かです。
それでも、「人畜共通感染症」とされている以上、ペット(家族)にも注意が必要だと思います。

コロナの由来

コロナの由来はタンパク質のスパイクが王冠に似ていることから、ラテン語のコロナが当てられたようです。
余談ですが、イメージ的な話も含めますが、この王冠部分の先端が粘膜などに刺さって感染・増殖していきます。ワクチンはこの王冠部分の先端をカバーするものだと考えてください。
コロナウイルスはこの王冠部分があまり変異しないと考えられているので、今回ワクチンが完成すれば、今後、ワクチンの力で感染を防ぐことが高い確率で可能だと思います。
インフルエンザの場合はこの王冠の先端部分がよく変異するのでワクチンによる防御の確率が低いようです。ただ、先端ではなく、茎(根元)の部分は変異をほぼしないようなので、インフルエンザの場合は茎(根元)に効くワクチンの開発が進められているようです。

コロナウイルスが刺さったイメージ
増殖

コロナウイルスは感染後、自身のRNAと感染した細胞のエネルギーを使って増殖を繰り返すそうです。
※この辺、生物をもう少し真面目に勉強してたら分かりやすく説明できたかも。

くしゃみ・咳や会話で飛沫が発生
飛沫のその後

コロナウイルスは飛沫に紛れて数時間〜数日生き残るそうです。
見た目、飛沫が無いテーブルやドアノブを触ることで、どんどん拡散していきます。

主な対策

①手洗い ②咳エチケット ③消毒(掃除)
ここには無いですが、うがいも奨励されています。

#おうちにいよう #stayhome
感染防止のため距離を取りましょう

飛沫はおおよそ1m超飛ぶらしいので、それ以上の距離を取ることで飛沫が直接相手に届かないようにしましょう。

世界は団結してます

最後に、「人を避け」「手を洗い」万が一の場合は自ら「自己隔離」をしましょう!とコロナウイルス撲滅のためのメッセージです。

アメリカンジョーク?

ジョークですよね?
トイレットペーパーは治療薬ではありません!
余計な買いだめや、デマに踊らされないように!ということだと思います。

僕自身の会社も3月以降の仕事がほぼ無くなり、毎月毎月、赤字が積み上がって行っています。
社員、アルバイトスタッフ、業務提携をしているフリーランスの方々への給与やフィーの支払いも基本止めたく無いので、仕事は無いですが、支払いを続けています。

早くこの事態が終息するため、会社はテレワークに移行し、自分自身も人が集まる場所は極力避け、引きこもっています。

辛いことも多いですが、ポジティブにいきたいですよね。

それでは。

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=6ysq2j5m0xi

Jigspace
https://apps.apple.com/jp/app/jigspace/id1111193492

Tagged : /